読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

とても素敵で不思議なタイトルである.ちょっと気取った,奇をてらったタイトルと思われるかもしれないが,読後は重さが違っているだろう.ちゃんと意味があるのです.

 

 

 

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)

 

 

【余談】

タイトルの秀逸さで言えば,森博嗣も負けていない.たしか,小説を書くときにタイトルから決めていたはず.『すべてがFになる』『封印再度』『黒猫の三角』など...

『すべてがFになる』の読後は「本当に「F」になった...」で,この『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の読後は「本当に撃ちぬけなかった...」だったので,似てるなぁと思ったのでした.