読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殊能将之『ハサミ男』

 

事前にどんな作品かも知らず,ジャンルだけはミステリーなのかな程度で,タイトルだけでなんとなく買って読んでみたらアタリだった.こういう経験って素晴らしい.他人のオススメって否が応でも期待値が高くなってしまうから(だって勧めるときに良いことしか言わないでしょ?),実際そこまで悪くなかったとしても「言うほど面白くなかった」って感想になりがちなんですよね.だから,「こういうタイトルの本があるけど,読みたきゃ読めば?」ぐらいでいいのではないかと思うのです(元も子もない).

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

 

 そんなわけで,内容についてはあんまり話したくないんでTwitterの感想(ネタバレ)だけで,終わり.