司馬遼太郎『新装版 王城の護衛者』

佐幕と勤王,攘夷と開国が入り乱れる混沌とした幕末が舞台の短編5作.

あえて,短編それぞれの主人公の名前をここでは書かない.

表題作の『王城の護衛者』の主人公は,愚直なまでに天皇に仕え,天皇の唯一の頼みであった会津藩主.本当に「誠」の字のような人で,政治がわからず,薩長の策略と幕府の敗走に翻弄されていく,その一生が書かれている.この短編はオチが良い.読者も行く末を知っているから,なんとなく暗い終わり方になることは予想できる.実際,数年の間に薩長との形勢が逆転し,京都・大阪からの退陣,そして,その後の幕府からの酷い扱いは後味が悪い.それでも,オチが良ければ全て良し,とまでは言わないけれど,一矢報いるような終わり方で,それが良かった.これがなかったらこの短編も存在しなかったのではないだろうか?

2作目は『加茂の水』で,主人公は良く言えば仙人みたいな,読んだ印象を率直に言えばホームレスみたいな人.でも,後に岩倉具視の腹心となり,文才と学殖を発揮する.良い悪いは置いといて,錦の御旗や勅書に関して,この人のやったことは凄い.『王城の護衛者』を読んだ後だったから尚更に唖然としてしまった.こんなことで幕府は,会津藩は撤退させられたのか...と.

3作目『鬼謀の人』は,医者で西洋の兵学にも通じていた男の話.自藩である長州藩に見向きもされていなかったけれど,桂小五郎に才能を認められ,長州征討・戊辰戦争で指揮を務め,活躍する.才能はあるけれど,人付き合いは上手くない.それで恨みを買って暗殺されたとかなんとか.

4作目『英雄児』では,長岡藩のひとりの家臣がここぞとばかりに藩の軍備を増強し,旧幕府軍と新政府軍が対立している中で中立を保ち,調停を試みる.この家臣,江戸にいたときは勉強もろくにせずだらしなくしていたのに,藩政に関わり始めるとその読みがなんとも当たるものである.凄い.

 5作目『人斬り以蔵』では,天誅として多くの暗殺をした志士の一生が書かれている.師匠である武市半平太との主従関係では「犬」にも例えられて,畏怖によって抑えられねじ曲がった関係が物哀しい.実力を認められても所詮は足軽,剣は優れていても思想がない.本人は正義があるつもりでも,武市からは認められない.切ない.

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)

 

どの作品も,教科書に名を残すほどではなくとも,将軍や天皇,新政府の官僚となる人達の陰で重要な役割をした人物が主人公である.みなそれぞれ激動の時代の中で翻弄され,藻掻いている.それぞれの考える国のあるべき姿はもちろん違っていて,それがまさにその時代そのものなのだなと感じた.視点のバランスがとても良かった.